初等科5年転入・編入について

初等科5年生に約24名の新入生を迎えるのには理由があります。

初等科5年転入・編入

聖心女子学院では、成長の早い女子の発達段階を踏まえ、12年間という長いスパンを4年ごとの3ステージに区切り、より質の高い教育をめざしています。中学入学のタイミングではなく、セカンドステージがはじまる5年生から入学することにより、ゆとりをもって8年間の一貫教育が受けられるようになります。日々の学校生活の中で、中・高等科生の姿を見ることは、未来の自分の姿を思い描くことにつながり、共に行う朝礼や行事を通して学び、成長する機会が多くあります。

説明会・公開行事

転入・編入学試験

入学前のサポート(月1回 土曜日のオリエンテーション)

転入・編入生のみなさんが充実した学校生活をおくれるよう
学校全体でサポートします。

1月
最初のオリエンテーションでは、まず同じ5年転入・編入生として入学するお友達との顔合わせを行います。そして、同級生となる4年生の案内で、校内を見学します。お互いに、どきどき、わくわくする時間です。保護者の方には、3回のオリエンテーションの中で、校長・副校長との面談を通してご家庭のようすを伺わせていただきます。
2月
聖心の特徴的な教科である「英語」「教え(宗教)」の授業を体験します。実際に体験すると、心配が安心に変わり、「英語」「教え」の授業が楽しみになります。その後、学習や生活のきまりについて、担当の先生から話を聞きます。保護者の方にはアンケート調査をし学校生活についての疑問にお答えします。
3月
5年転入・編入で入学した5年生に、学校生活の楽しさや、困ったときの対処方法などのアドバイスをしてもらいます。保護者の方にも在校生の保護者との交流の時間を設けます。また、4月の転入・編入学式に向けて大きな声で挨拶ができるよう、みんなで練習をします。

入学後のサポート

エンジェルさん
入学後、1年から在学しているクラスの友達が1人に1人ずつつき、わからないことがあれば、親切に教えてくれます。
面談
入学して2週間後には、担任と児童の面談があります。困ったことはないか、学校生活を楽しんでいるか、友達はできたかなど、学校生活のようすを聞き課題を一緒に考えます。
養護教諭・
カウンセラーとの昼食
昼食を共にしながら、心身の健康についてたずね、安心して学校生活を送れるようサポートします。
英語
1年間、5年転入・編入クラスを設け、少人数で丁寧に指導します。学習発表会では学年全員で1つの舞台をつくり上げます。
宗教
「教え」の授業の他に、放課後「ソフィ会」を設けて、キリスト教についての疑問や質問にお答えします。
社会
世界の出来事に関心をもてるよう、学びを広げる機会を設けています。

転入・編入した先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ
12年生〈高等科3年生〉 M.S.
家族のように大切な友人たち

人見知りだった私は、転入当初は学校に馴染めるか不安でした。しかし、先生や友達が温かく接してくれたので、安心してすぐに打ち解けることができました。外から来たものを受け入れられる柔軟性は、積極的な国際教育を行う聖心だからこそ身につくのだと、6年間聖心で育った今では実感しています。聖心で得たこのような力や家族のように大切な友人は、大人になっても必ず自分の助けになるだろうと確信しています。

先輩からのメッセージ
10年生〈高等科1年生〉 H.A.
興味をもったことを追究できる環境

学習面など様々な活動において、一人ひとりが持てる力を最大限に発揮し、何事にも責任をもって取り組む姿勢は、聖心の学校生活の中で培われ、私のこれまでの成長の礎となっています。部活動では、理科部地学班に所属しています。学校には天文台や天体望遠鏡など専門的な設備が整っており、私は太陽の観測を継続的に行っています。興味をもったことを追究できる環境と、指導してくださる先生方に恵まれ、充実した学校生活を送っています。

先輩からのメッセージ
6年生 K.S.
はじめの不安も、すぐ安心に

聖心は落ち着いた雰囲気の中にも積極的な姿があり、その中で学びたいと思い受験しました。はじめは不安でしたが、編入生一人にクラスのお友達が一人ついてくれたので、安心して充実した学校生活を送ることができました。ハイチデーなど聖心らしい行事や、セカンドステージ百人一首大会など、上級生との交流を通して聖心の良さを感じています。授業ではiPadを使って調べたり、意見を共有したりと学習の幅が広がりました。6年生で学級委員に選ばれ、人に尽くす喜びを学んでいます。

先輩からのメッセージ
5年生 R.S.
教科ごとに学ぶ楽しさを実感

図書館を見学したとき、本がたくさん並んでいて「絶対に通いたい」と思いました。幼少期を英国で過ごした私にとっても、聖心での英語の授業はとても楽しい時間です。英語劇で、『The Lion and theMouse』をクラスで創り上げたことが一番の思い出です。聖心では、教科ごとに先生がいらして学ぶ楽しさを教えてくださいます。初日から、みんなが積極的に声をかけてくれたり、教えてくれたりしました。先生方や友達、楽しい授業のもと、充実した毎日を送っています。

保護者の皆様からのご質問

    試験の内容について教えてください。
  • 国語は、読解力・思考力・語彙力・表現力を中心に見ます。長文読解を出題します。漢字、言葉のきまりも出題範囲です。漢字の範囲は、第4学年末までとします。算数は、計算力・思考力・活用力を中心に見ます。基礎・基本の内容と、それを応用・発展させた内容です。作文は、新聞記事、表やグラフ、写真・絵・イラスト等与えられた資料を問題に沿って読み取り、自分の考えを文章に書くという問題です。昨年度までの問題を販売していますので、参考になさってください。
    面接は、どのようなものでしょうか。
  • 志願者と保護者の面接をし、その後児童だけのグループ面接も行います。親子面接は、原則としてご両親でお願いしていますが、ご事情によってはどちらかお一人でも結構です。当日、その旨を口頭でお知らせください。グループ面接は、1グループ5~7人くらいでテーマに沿って話し合いをしたり、共同作業をしたりしてもらいます。約20分ほどです。
    キリスト教信者ではありませんが、大丈夫でしょうか。また、宗教についての事前理解は必要ですか。
  • 本校は、キリスト教の教えに基づいた人間教育を行う学校です。キリスト教による教育にご理解いただけるお気持ちがあれば、ご家庭の宗教は問いません。また、入学前の事前学習の折に創立者聖マグダレナ・ソフィア・バラに関する絵本を差し上げますのでお読みください。入学後、転入・編入生のみの特別宗教の集まりを放課後に行い、理解が深まるようにしています。
    制服は、新しく揃えるのでしょうか。
  • 基本的には、すべて揃えていただきますが、ランドセルについては中古ランドセルの販売があります。ただし、ご希望が多い場合は抽選となります。制服の一部は、中等科になっても着用できます。
    私学からは、受験できないのですか。
  • 遠方の私学に在籍していて、保護者の転勤等により通学時間90分以内に転居されることが確定し、お子様の転校も余儀なくされている場合は受験することができます。都内、または近郊の私立学校に在籍されている方は、説明会等でご相談ください。
    帰国子女は、どのくらいいますか。
  • その年によりますが、毎年数名ずつ入学しています。初等科全体の約10%が海外で生活経験のある帰国子女ですので、受け入れ体制はできています。
このページのトップへ
このページのトップへ