英語教育の特色

中学1、2年では一学級を二分割した少人数による英語教育を、週6時間(うちネイティブ教師による授業1時間)を実施しています。Progress in English 21(エデック社)を教科書として使用し、英語を道具として使えるように指導します。中学2年以降は習熟度別のグループ編成となり、高校2、3年では多彩な選択授業も設定され Listening, Speaking, Reading, Writing 技能をバランスよく学び、「使える英語」の習得を目指します。

英語で学ぶ生物 | Biology Through English

英語で学ぶ生物

生徒たちは学術的な課外授業を英語だけで学ぶことが出来ます。この授業は色々な生物的話題(例えば細胞生物学、生化学、遺伝、生態学、生物の多様性)を取り上げます。また実験技術(例えば無菌操作法、解剖方法)についても英語で説明を受けて学びます。

模擬国連活動

模擬国連活動

模擬国連は、1923年の米国ハーバード大学での模擬国際連盟を起源に、国際関係の正確な理解を促進し、豊かな国際感覚と社会性を身に着けた国際社会におけるリーダー的人材の育成を目指しています。本校では週2回希望者が集まって、国際問題について調べて発表し、討議をします。他校との模擬国連練習会議に向けた準備なども積極的に行っています。今年度も9月に書類選考、11月に「全日本高校模擬国連大会」を経て、5月に高校模擬国連大会(米国)派遣を目指して努力を重ねています。(2018年度は全日本大会優秀賞を獲得し、2019年5月N.Y.で行われた全米大会に派遣されました。)

ESSサークル | ESS circle

ESSサークル

ESSは自然で堅苦しくない雰囲気の中で英語を楽しく学ぶことができるサークルです。生徒は英語を母語とする国の文化について、様々なトピックで議論し、時にはミニ発表会や展示を行います。このサークルの目的は、生徒が既に習得した英語をツールとして自信を持って使うことが出来るようになることです。

世界と関わり活躍する力の育成

海外体験プログラム

世界に広がる聖心のネットワークを活用し、カナダ・ハリファックスの姉妹校に11年生を1年間、短期(3〜4週間)ではアメリカ3校、アイルランド1校、オーストラリア1校、台湾1校へ各1名ずつ高等科生を派遣しています。また、多彩な研修・体験プログラムを通じて、グローバルな視点で物事を見つめ、世界の人々と関わり合える能力の育成を目指します。

このページのトップへ
このページのトップへ